株式会社川熱

0467-76-5221

メールフォームでのお問い合わせ

エポキシ樹脂塗装鉄筋

コンクリート構造物の早期劣化を防ぐ話題の腐食防食技術です!

エポキシ樹脂塗装鉄筋  
(東北初!岩手工場)

コンクリート構造物の耐久性が重視されるようになった理由として、コンクリート構造物の早期劣化があります。その劣化の原因としては、海水、飛来塩分や凍結防止剤等の外部から侵入する塩分により鉄筋が腐食することに起因しております。

エポキシ樹脂塗装は、エポキシ樹脂塗料を静電粉体塗装によって、前加熱した鉄筋に付着させ、高膜厚を作ることで鉄筋を保護し、コンクリート構造物の早期劣化を防ぐ塗装技術です。

高い耐久性、耐薬品性を誇り、外部から侵入した塩化物による鉄筋の腐食を防ぎます。

曲げても割れにくい性能に改良致しました。

お問い合わせ先
0197-41-3100(佐々木)

作業工程

受け入れ検査

ブラスト処理

予熱

静電粉体塗装

冷却

品質検査

梱包

出荷

エポキシ樹脂塗料の静電粉体塗装

エポキシ樹脂塗装装置

加工能力

呼び名 D10~D51
長さ 3.5~12mまで
月産 約400t

説明

塗装前の鉄筋はJIS G 3112(鉄筋コンクリート用棒鋼)に適合し、更に表面性状に優れた素材を用いて塗装しております。

また塗装用のエポキシ粉体樹脂は土木学会「エポキシ樹脂塗装鉄筋用塗料の品質基準(案)」に十分満足したエポキシ粉体樹脂を使用しております。

エポキシ樹脂塗装鉄筋の特徴

耐食性に優れています

ショットブラストにて表面処理を施すことにより、塗装被膜の密着性を向上させております。耐食性促進機器としてJIS Z 2371の試験方法にて塩水噴霧試験2000時間の試験を行っても、発錆やふくれはなく優れた耐食性を示しています。

曲げ加工性に優れています

曲げ加工性に優れた特殊なエポキシ樹脂を直近で採用いたしました。曲げ加工性は業界最良です。

耐薬品性に優れています

耐薬品性試験においても塗膜のふくれや発錆もなく優れた耐薬品性を示しております。

コンクリートとの付着性が優れています

最大付着応力度は無塗装鉄筋の94%もあり、土木及び建築で規定されている85%以上は十分にクリアしております。

自然にやさしい塗装色を採用しました

塗装色は目にやさしい、また自然環境にマッチングした明るいグリーン色を採用しました。

エポキシ樹脂塗装鉄筋の品質基準

試験項目 品質基準
外観 塗膜が均一で、たれ、突起、異物付着の著しいものがないこと。
塗膜厚さ 220±40μmで、かつその範囲を超える頻度が10%以下。
ピンホール D19以下は、5個/m以内。
D22以上は、8個/m以内。
曲げ加工性 5本曲げ加工した後、塗膜クラックの発生頻度が20%以下。
耐衝撃性 撃芯が当たった部分の周囲で、塗膜の破砕、割れ、剥離、浮きなどがないこと。
付着強度 塗装鉄筋の最大付着応力度が、無塗装鉄筋の85%以上。
塗膜の硬化度 鉛筆硬度Fで手掻き、塗膜に傷がないこと。
耐食性 平均発錆面積率が0.5%以下であること。

PAGE TOP